創業40年もずく生産・加工の新屋水産、こだわりのもずくを新鮮なまま激安価格にて工場から直接お届けします。

勝連のご紹介

勝連の歴史と文化

勝連とは沖縄本島の南北のちょうど中間の太平洋側にある「うるま市」に所属し、市内の東側に位置する勝連半島辺りの地域で、以前は勝連町という独立した町でしたが、2005年に勝連町、石川市、具志川市、与那城町が合併して「うるま市」となりました。

うるま市の人口は約11.8万人(2013年9月現在)で合併前の旧勝連町の人口は約1.3万人(2004年10月現在)の小さな町です。



観光では首里城等と同時に世界遺産に登録された「勝連城跡」が有名で,また海中道路を通り,その先の旧与那城町の平安座島、宮城島、伊計島、旧勝連町の浜比嘉島の四島は車で渡ることができ,沖縄の原風景を留めた島巡りは大人気です。



勝連城趾は沖縄の城の中でも最も古いと言われ、阿麻和利(あまわり)が居城した城と伝えられております。
勝連城趾は小高い山の上にあり、南側には中城湾、北側には海中道路から宮城島、平安座島、伊計島、浜比嘉島を望むことのできるとてもロケーションの良い場所です。 唯一架橋のない島、津堅島も旧勝連町で、津堅島は津堅にんじんの産地としても有名です。




また当社の所在する平敷屋という地域ではエイサーが非常に盛んで、エイサーの最も古い形を継承していると言われています。その特徴としては大太鼓を使わず、パーランクーと呼ばれる小さい太鼓のみを使い、衣装も質素で統率された踊りが特徴です。勇壮というだけでなく、荘厳な雰囲気が漂います。日本の音風景100選にも選ばれております。







ページトップへ